自転車とゲームと寝坊

気ままに更新。自転車のこととか、ゲームの事とかつらつらと

毒親との関わり方

そもそも、毒親って、大人になるまで私もよくわからなかったんだけど、子供を所有物として、そして自分の母親的地位を高めるための道具。
または、延々んと上から目線でしゃべっても「はい、そーですね」と言い返さない、サンドバック的な存在にする者たちです。
まあ、私も洗脳されていましたから、解くのかなりの年数が必要でした。

10代の時は付きたい職業につかせないための進路を妨害する。
20代は子供産め、結婚しろ、孫をみせろという。仕事のシフト表を送れ、お前の休みに合わせてお前の部屋をホテル替わりにする。
30代はまだ結婚しないのか、孫を見せろ
その後も、自分たちが市営住宅に住みたいばかりに、私のところに住所をおいて、そこから市営住宅の申込みをしたい。
親子3人で暮らしたい(私はシフトで動いているのでそんなの無理)
介護をしろ、墓守しろ。姉の子、孫と遊びたいから、市営住宅がいい。どうせお前は結婚しないんだろうから。
などどいう末恐ろしい計画を立てやがりました。

当然ですが、逃げましたよ。私。
毎日毎日電話されて、うんざりしてましたからね。
当然遊びにでかけている時も、電話がなりましたよ。
夜勤の時だって、着信が残りましたよ。
毎日、うんざりでしたがね。

では、実際に私が逃げる時に考えた、現在も実行している事を説明しようと思う。

1・電話にはでるな。
まず、スマホにはメアドも電話の着信もできないようにしました。
ただし、固定電話だけはつながるようにしてますが、今は電話のラインがつながってません。事実上、直接こないと無理だということです。
現在メアドを変えたので、二度とつながりません。

2・送り付けらた物は速攻に送り返す
彼らは「~してやってる」という思いがあるので、封書は受け取り拒否、はがきは破り捨てる、そして宅急便は業者を通して「うけとれませーん」というだけで簡単です。

3・部屋の鍵を変更しよう
彼らは私が払っている家賃なのに自分たちの私物化をしていますので、まずは、鍵の変更を依頼します。ちょっとお金がかかりますが、管理会社に「鍵をなくしてしまってー、変更をお願いしたいんです」といえば一万円ぐらいでやってくれます。
すると、合鍵をもってる兄弟も入れませんので、その情報がながれて、そう簡単に勝手に入って来ることはありません。

4・兄弟に釘をさしておく
同じ市内に兄弟がいる場合、とくに夜とか電気がついてると、いきなり訪ねてくるかもしれませんが、上記の鍵を変更することで「他人がいるのでは?」という躊躇を与えます。いきなり尋ねられることはありません。むしろ、訪ねてきても、「どなた様?」とドア越しに追い返せるです。「はぁ?○ってどなた?あなた誰なの?」というと相手はビビります。ビビらせる事が大事です。

5・分籍をする
法律上親子関係は断ちきれませんが、本籍を移動させて、親の戸籍から抜けることで、とても気持ちがらくになります。また、親が戸籍を見た時に絶望を与えられるので、おすすめです。また住所を知られたくない場合はロックすることをお勧めします。
市役所に問い合わせると、やり方をおしてくれるので「パスポートを分籍の為」と書いておけば、書類一式が送られます。それをもって、市役所へいくのがおすすめです。

6・凸されたときのマニュアルをつくっておく
口ではうまく懐柔してくる、または脅してたり、怒鳴ったりして、感情のゆさぶりをかけるのが得意な毒にはちゃんとしたマニュアルをつくるのがいいでしょう。
当てはまるりそうな行動時の対応を、文章化して置いておく。
開けなさいと命令されたら、イヤだではなく、同じ口調で「帰りなさい」という。
ドアを叩いてきたら、内側から同じく叩きかえす。
すぐにドアを開けないように訓練する。
もし器物破損した場合は速やかに、警察に連絡できるようにしておく。
賃貸なので、器物破損になるから。

7・突撃されたらそこは安全ではないと思え
凸された場合は、そこはもう安全ではない。
引っ越しを考えるㇾベルなので、速やかに退去する。
今は保険会社があるので、引っ越しするときの保証人が必要ないところがたくさんありますからね。

以上を参考にしてみてださいな。