自転車とゲームと寝坊

気ままに更新。自転車のこととか、ゲームの事とかつらつらと

苦情処理係りも大変らしい

まあ、接遇接遇で、今の病院もサービスですよ。
でもね、おばあちゃんに「温かいココアですよ。気をつけてね」という優しい対応をしている私も、さすがに、この苦情はどうかとおもう。
その患者さん、看護師はみんな冷たい、波がある、こわいといって、よく私の名前をあげる。
たとえ話によく私の名前を使われる。
いやーモテルな私。ちなみに、私は他の患者さんから苦情は一切ない。
むしろ、別の看護師の方が多数の苦情がきているぐらいだ。
基本、私は老人には優しいと思う。
その患者さんは病院のルールをよく破る。水分制限があるのに、隠れて飲みまくり、水中毒をよく起こす。
男性患者と接触し、セックスに持ち込む。体を触らせる。などなど問題行動を起こしているわけですよ。
そりゃ、厳しくもなりますよ。
苦情が「私にはその時(おばあちゃんには優しい対応したのに)声かけしてくれない。冷たい」と。思わず笑った。
あばば、痛い。痛すぎる。
足も丈夫で、味覚にも問題なくて、自分の事は最低限できるでしょうに。
しまいには師長に伝えたが解決してくれなかったと。
笑った。師長から私に直接にはなにも通達がこない。一度も来たことないわ。
たぶん、たくさん話がいってると思われるが、一度もその件に対して通達されたことないし。
私は基本冷たい人間だけど、仕事は意識して優しい声掛けしている。
だって仕事だもーん。でもね、ルールを守れない患者さんは厳しくルールを説明して納得してもらっている。病院はサービスでもあるが、奴隷ではない。
その患者さんが求めているにはただ単に、自分を甘やかして特別扱いしてほしいというものだけだから。嫉妬されたらしい。
そんな質の悪いサービスは提供しないよ?私。
「熱いのみものだから気を付けて、いったん冷ましますね。」「お粥熱くなっているからやけどに注意してね。今お粥冷ますから、少しだけ待っててくださいね」
ニコニコ笑って注意喚起してますよ。
笑顔もサービスですからね。
他の患者さんに有害になるなら、それを排除するのも私の仕事ですしね。
うん、だから注意もするよ。厳しく。もちろん、水中毒になって死にそうになるその患者さんにも厳しく注意をしますし、目も光らせますよ。
死なれたら困るからね。
私、これでも医療安全委員会の副委員長ですしさ。
接遇研修が必要なら受けますよ。でもその代り、わがままでルールを守れない患者さんのことは師長、あなたがなんとかしてくれるんでしょうね?
下っ端の看護師にとやかくいうよりも、5月から新しい院長がきて、新しい体制になるんだ。もう前の理事長兼現在の院長の権限はなくなり、「ボクの病院だから」というのは効果ないよ。
最近不満がぽこぽこ出始めている私。
不満すぎて、頭が痛くなる。
低気圧のせいで、頭痛もあまりよくならず、体調不良。
寝れてないのもあるか。
愚痴をいうほど、私は他人を信用してない。愚痴をいう相手もいないわけですし。
ブチ切れる前に師長に相談といわれているが、私はそれすらも信用してないしな。
ま、ここで書いても愚痴解消にはならんか。