読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車とゲームと寝坊

気ままに更新。自転車のこととか、ゲームの事とかつらつらと

皮膚剥離

青ちゃんの右足、まだ戻らない・・
一か月経過したけど、まだ戻らない。
足先てろんとなっていて、引きずるから、当然褥瘡ができてるわけで・・
今、保護カバーを考えている。
なにがいいのだろう・・・
包帯を巻き付けたほうがいいのだろうか?とかね。

とりあえず、壊死はきてないので、よしとすべきだろう。
副血管はできてないなーこれは。
期待しずぎたか。
経鼻は自分で抜去しやがったので、数日前から普通にカリカリ食べている。
薬はかわらず、ウエットに混ぜ込んで食べさせている。
まぜてもわからないらしいよ。
ウエットにするともう一匹の桃ちゃんがねらってくる。
だが、横取りすることはできないらしく・・・
横にだまって座っている。
食べおわるのをまっている。
しかし、青は全部たべるのでおこぼれはあたらず・・・そもそも薬はいっているのでダメです。
桃は青が「そこどけろ」というと仕方なくどける。
飼い主の私には自己主張がはげしいが、青もそうだけど、ネルにたいしても低姿勢。
亡くなったネルが三匹の中では一番上だったので・・
よくネルが桃にマウンティングをして、桃が情けない声だしていた。
「すんません。すんません!!」と情けない声である。
亡くなってもネルの後は青がいるわけで、遠慮なく飼い主の甘えてくるわけですよ。
ネルが生きてた頃は、ネルが独占的だったから。
今は・・青がだっこしてくれとせがむ。
非常に頭が子猫化している。
もともと臆病な子なわけですが、甘えてくるときは非常にアクティブに甘えを要求してくる。
寝る場所は私の頭の横。
なぜか、一緒にねているわけです。
ネルが亡くなってから、青がここの定位置になった。

話もどるが、青の足の保護をどうするかなーとおもうわけで。
包帯か、くるっと巻けるものがいいと思うので、いま思考中です。