読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車とゲームと寝坊

気ままに更新。自転車のこととか、ゲームの事とかつらつらと

新年度からのストレスチェック

新年度から、うちの職場にとうとう「ストレスチェック」の導入がはじまります。
こっそり先に、師長から内容をみせてもらいました。
・・・まじでストレス過多に丸がつけられてしまうほどの、私の場合はあてはまります。
でもって、私の場合はうつ剤も内服してるため、相談役が院長ではく、別のドクターになります。
私の場合は、仕事での最低の人付き合い以上になると、すごくストレスを感じるタイプなの、師長からの妥協案としては「夜勤を減らして日勤を多くする。日常の睡眠時間の調整」という案がでたのですが、そうるすと、日常の人の多い時間帯に他のスタッフななどの交流が多くなる。
ダメなんですよね。私。
そんなことしたら、よけいに、睡眠時間がずれまくります。
すぐに下痢になるのに・・・
仕事場でもメンタルヘルスに気を付けようという話なんですよー
今更なー。
私は、正直親とか姉妹とかの関係が悪化して、絶縁してます。
踏ん切りつくのに、数十年の時間をかけました。
だた、まだ心のどこかに「理想の家族像をもっていて、いつかそれが自分にあてはまるのではないか?」という期待ももっている。
無駄だと思っているんだけど、他の家族と比較してしまうと、卑屈になるんだよねー
「どうしてうちは違うんだろう?」とか「なんでうちの場合はあてはまらなかったのだろうか?」とか。
今からでも大丈夫?いや、それは無理だとわかってるからこそ、卑屈になるんだ。
そんなメンタルを抱えて、さらに、仕事も抱えて、へろへろになりならもなんとか生きてきている。
結婚適齢期には「結婚しろ」と言われ
妊娠可能時期がきたら「男いなのか?孫を産め」と言われ
私に結婚願望がないとわかったら「親の墓守&介護をしろ」といわれ・・
姉の子と日常的に遊びたいから「親と同居しろ」と言われ(三人で市営住宅にはいって三人で暮らす、私の給料じゃまず市営住宅に応募するのは無理)
見事にグダグダだったな。
洗脳に近いから、これらを「叶えなくてはならない」とおもったですよねー
私は実家をでてから、仕事上一か月のシフトで動いている。
決まった定休日はないから、夜勤も含めると一般会社員とは大きく違う生活リズム
おもえば、今の状態の「強くいえる自分がいたら」少しは違っていたのかもと思うが、
祭りの後ですねー
夜勤の入りに無理やり「昼のお食事会」を開催され、年末の31日は21時消灯
狭い私の部屋に大人が三人。これを十年単位でやられた。
無理です。もう無理だと思った。しまいには「シフト」を送れ
あんたの休みの日に合わせて行くから(孫と遊びたい。お泊りは姉宅じゃなく無料のホテルの私の部屋)
・・・えっと・・これって私の時間が搾取されてます。
お正月も、お彼岸も関係ない。むしろ、平常運転で仕事は回る。
夜勤明けの貴重な休みを毎月のように、使われるとさすがに、拒否反応がでる。
で、同じ女とは思えない母親の発言の数々
まず私の私物の値踏みから始まりDISる。
「これいくら?」からスタートするのだ。「こんな無駄なものに金をかけるな」
からだ。もちろんアクセサリー類などDISの対象。
「どうせ使わないんだから、こんなものに無駄金つかって」とわあぁDISるなー
「あんたは太りすぎ。痩せなさない、こんなものばっかり食べて」とDISる。
わあ、自分age 私sage。

 こんなのは日常茶飯事であるのだ。
娘をsageで、マウントしたいらしい。
オメーはタバコとパチンコやめれないくせになー。と心の中。
しまいには「仕事でセクハラされて・・・」と打ち明けると
「あはは、お若い患者さんもいるんだねー」
と全くもって、とんちんかんな返答をいただく。夜勤が月7回もあり、精神的にきつい中でも「お金たくさんもらえるでしょう」と笑ってる。
夜勤=お金がたくさん入る。
夜勤=拘束時間16時間以上もあるのに、メンタルも体も疲れ切るというのを知らないらしいようだ。
思春期の時には言われた「堕胎されなかっただけもありがたいと思え」ということは
まあ、年子だったしなー。堕胎対象になったのかー
ふーん・・・15才の葛藤がはじまった。
幼少のときは、父親の浮気三昧での夫婦喧嘩が絶えない。
これ虐待ね-
朝ごはんつくらない。小遣いはない。「勉強に必要な分の金しか渡されない」
中学校は新聞配達のバイト。高校は工場でバイト。
必死だなったーお金を集めるのに。ごはん代を得るために。
日曜日は昼食までごはんはありませーん。
素敵にネグレクト。まぁ、そんな気はしてたんだけどね。
うん。必死だったよー。どうやってこの家からでるかというのにね。
本当は大学行きたくて隣の大きな都市の進学高校に入りたかったけど、
「どうやってこの家を出るか?」を優先してみた。
もともと母親はこの職業を希望していた。地元の高校などでは到底希望する大学入試のレベルじゃないからね。
「浪人して、まず家を出る。一年間勉強する。すくなくてもこの職業をやるといえば、金は出してくれる。まずは家を出ることを先決とし、地元の高校では何も勉強をしないで、過ごす。目立たず、かつ留年しない程度の学力を維持しながら」
「無気力を装いながら、最低の学力を維持」
「ついで、専門学校にいくから浪人する」という名目で家をでてから
「とりあえず、実家に戻らないためには専門学校で3年過ごす。一年で高校三年分の学力を詰め込む事。予定通りに専門学校にに入学」
「国家資格をとり、仕事を名目として実家に寄り付かない。徐々に疎遠に・・・」というプランができあがる。
家を出るためには「この職業を利用」なのだ。
姉はかなりの馬鹿なので、勉強はできないかったので、結婚相手をさがすのに必死。
姉と私での態度はかなり違うのを姉は知らない。
姉は子供の頃から「強制」はされなかった。勉強も習い事も、学校もそして職業も。
だって勉強できなんだー彼女。数学も英語も、国語も赤点をとるかとらないかのギリギリで、中学英語も中学レベルの数学も全くダメ。芸術分野もダメ。
なににでも愛想ふりまいて乗り切る。その癖、私が高校選ぶときに自分の高校に来るな。と言い張った。
えっと・・・あなたの学校は誰でも入れる底辺のそれも「商業科」だよね?
普通科」じゃないよね?微分積分や数学Ⅱ、現国・古文・化学などないよね?
物理もないよね?
一緒にするな!と当時は思ったよ。同じ塾にかよって、底辺高校じゃな・・・
塾でも落ちこぼれだったな・・・今考えると、かなりかわいそうな人。
そんな彼女と私では「期待度」がちがうのー。
私が海外に行くとき(旅行じゃない)のを知って、うらやましいと言ってみたり、
はぁ?順番間違えて子供作ったのオメーじゃん。
金がないとほざいてみたり。いまだに親のスネかじって米とか送ってもらってるじゃん?
浮気三昧のアルコール依存手前の父親と
ネグレクトでニコチン依存とパチンコ大好きな母親と
妬みばっかりでなにもしない、私を格下の相手とみている姉
うむ。だから私もあなた達を格下の屑としてみてます☆
同類だな。
そして2年前に「絶縁」しましたー☆
知らなかった。
31日の紅白のトリの衣装がすごいとか、裏番組でいろいろ流れたり、
好きなものを食べられるという自由。
なにせ消灯が21時じゃなくて、好きな時間に寝られるということ。
いま?すごく楽しい。
でも上の描いたように「心の中では理想の家族を求めてりて、人と比べるから卑屈になっいる」のです。
母親が家事している姿はしらないよー。
なにせ、朝は町の喫茶店で優雅にコーヒー飲むのが日課な人ですしねー