自転車とゲームと寝坊

気ままに更新。自転車のこととか、ゲームの事とかつらつらと

思い出してみたら

昨日の続きだが、思い出してみたら、実の母親の顔を見たのは5年ぶりだったのだが、正直、気持ち悪かった。
え?だれ?この汚いおばさんは?というのが第一印象。
気持ち悪さの方が勝っていた。
気持ち悪い上に、なにかしゃべっているのが、この気持ち悪いおばさん誰よ?と思った瞬間に「あ、これ実の母親じゃん」と思い出した。
怖いというよりも、この世にこんなにも気持ち悪い人間が存在するんだなぁーと思った。
夜道だったので顔がはっきり見えなかったが、気持ち悪いシルエットだけが鮮明に映るんだ。
うわー・・・気持ち悪い割には結構腕力あり、ドアの攻防をしましたよ。
最期は私の方が力持ちだったので、押し出しでドアを閉める。
その後警察通報という経緯です。
さて、今後はどうかなー。
父親つれてくる可能性が高い。そんときは「助けてー殺される、痛いよ!」とでも叫ぶよ。
そして、裸足で交番に駆け込むかもしれない。
ドアは開けないつもり。
待ち伏せされたら、コンビニか、警察交番へ。
向こうは向こうで対策練ってるかもしれない。
姉に諭されてるかもしれない。
いきなり凸したのだから「私たちの前からいなくなる可能性だってある。連絡と消息不明になるかもいしれないと」と言われているかもしれない。
賢い人ならおわかりだろう。今、関われば二度と会えないという可能性が出ているとことを彼らは分かるだろうか?
警察に記録が残っているので、こっちは不利にはまずならない。
怪我でもしたら、民事起こすつもり。前科でもつけばいい。
前科者になれば、姉からも疎遠にされるだろう。
(前科持ちの祖父母がいるなら、姉夫側の両親は良い印象はもたない)むしろ、前科になってくれた方が、こちらとしては都合がいい。
住所閲覧制限とかけ、そして戸籍を分籍し、名前も変えたい。
前科うんぬんは、うまくいけばの「話」だろうが、とにかく、男である父親が手や怒声をあげるなら、こっちはそれなりに「対応する」しかないんだよね。
さて、向こうの出方を待ちますか。
全面対立して、決別したい。平穏を勝ち取りたいので、頑張るよ。
相手はきっと分かってくれるという期待はもうない。
私の気持ちを理解して!なーんてことはならないので、言葉にして伝えたところで、なにも伝わらないと言うことは理解している。
だったら、降りかかる火の粉は叩きのめすまで。
相手は老人とは思わない、親ともおもわない。
だったら、害として叩きのめすまで。というのが方針できまりました。
私の中でね。
だから引っ越しはしない。
私はこの場所がすきだから。