自転車とゲームと寝坊

気ままに更新。自転車のこととか、ゲームの事とかつらつらと

おそろしいことを聞いてしまった

以前に仕事で「主任」を誰にするかを決めるとき・・・
上司または、医者からの推薦もあり「主任」候補にあがっていたらしい。
私ともう一人が「主任」候補にあがり、私が彼女よりまだ経験が浅いということで、私は運よく、主任にならずにすんだ。
・・・怖い。
医者からの仕事ぶりはすこぶる評価が高く、「できる看護師」」らしい。
レスポンスが早く、また判断も早い。仕事もミスなくスムーズにやれて、医者のフォローや他のスタッフの指示も明確でわかりやすい。
加えてにこやかに笑顔と明るい声ではきはきと医者たちとしゃべり、たしかに私がリーダーの時は業務がスムーズであるのはそうなんだが・・・
たしかに、どんな医者であろうとも合わせることができる。
物怖じしない性格なのか、癖のある医者ばかりめぐってきたせいか、相手が院長であろうが、理事長であろうが、関係なく伝えることは伝える。だって仕事だもーん。
昔から医者とのコミニュケーションはとってもよくとれたほうだった。
医者がどんな情報をほしいかとか、いまこの指示がほしいときは、この情報をあわせて伝えるとくれるとか・・
ポイントで伝えるので、とてもわかりやすいらしい。
加えて、全体像も把握しているというので、いまの院長からも「評価が高い」らしい。
あまり怒鳴られるということはほとんどない。というか過去に3回あるかないか。
先生が薬をみるのに、必要だろうと思ったときは、院内にある薬一覧と薬の本をさっと出してたり、処方箋の進み具合をみて、さっと二枚目の処方箋をだして、一枚目を確認、ここでミスがあると、それが終わったときに、訂正をしてもらい次に移るとい作業だけなんだけど・・・
的確にスムーズらしいです。
そして、カルテと指示があっているか再度確認して、ミスあるなら、最後にそれをまたチェックして直してもらう。
私がリーダーのときはとてもスムーズでよりらしい。
「処方もろもろ終わりです」というと先生は病棟の仕事が早くおわり、外来へいけるからね。
あとの書類は私が3回目チェックして流すというだけなんだけど。かなり早いらしい。
流れさ作業にみえて、しっかりやっているので文句は言われない。
そんな私が「主任」候補にあがっただでも身震いする。
おっかないなー。無理無理。
仕事が評価してくれるのは大変うれしいが・・・
うれしいが・・・
うれしいんだけど、別のことも評価してくれ。