読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車とゲームと寝坊

気ままに更新。自転車のこととか、ゲームの事とかつらつらと

スケトラ

 

 むちゃくちゃいいです。
その場の雰囲気が楽しめます。
アリアもいいのですが、私は「愛について~エロス」も好きです。
デュエットの「離れずそばにいて」というのタイトルがすきすぎて。
勇利のエキシのプログラムなんですが。
途中でヴィクトルがやってきて一緒に踊るわけですが、何気にキスも数回しちゃっている状態で。
ヴィクトルを十年以上ときめき続けているからな、キスぐらい問題ないか。
むしろ、ヴィクトルのほうが勇利に別れを切り出されて泣いちゃうし。
あれは無自覚の勇利だからな。
バンケットで熱烈にコーチアピールして、その後音沙汰なし。
スマホで勇利が自分のプログラムを踊っていて、自分以上の感情表現と音楽の中を泳ぐようにすべる勇利を見つけて「これは運命だ!」と感じて、家財道具と愛犬つれて、日本へ。
すると、あれだけアピってきた勇利が距離をとるとる。
「あれ?」と思いつつも、指導する。そのうち、ヴィクトルの方が勇利にはまってゆく。コーチ以上の感情が芽生えて「僕自身より勝つって信じてよ!離れずにそばにいてよ!!」と号泣きされて、もう驚くことばかりで、選手としてのヴィクトルではなく
そのままのヴィクトルでいてほしんだよーーー!!といわれてうれしくてたまらん。
しまいには、勇利からお守りなる指輪をもらう。それも教会でつけてもらう。
ちなみに、勇利は指輪一つしか買ってない。(明細みたらweddingringってなっていて、一個)たぶん、その後、ヴィクトルが同じものを買ったと思われる。
YOIの世界では9万ぐらいだけども、実際は20万以上する。
金の指輪を右手につけてもらう(ロシアでは右手に結婚指輪)なので、たぶん勇利知らずとおもわれる。ヴィクトルも勇利に同じく右手につける。
これで俺たち婚約だねwwと前日の夕食のときに見せびらかせるが、その次の日の夜に
勇利から別れ話を告げられる。
ぼろ泣き状態でどうしても勇利を氷上にとどめたくて、自分のそばにいてほしくて、使えるカード全部使って、ユリオさえも利用して勇利の現役続行を願う。
結果「銀」だったので、キスできないしなーと迫る。
勇利が「金取るまでコーチお願いします」と言ってくれたのでさらに「5連覇してくれるまでじゃないと割りにあわないからね」と告げてコーチ兼選手にヴィクトル復帰。
勇利のエキシで一緒に踊る。もう踊りながらキスするし。
ヴィクトルは20年も自分の「LOVE」と「LIFE」にふたして、選手として、みなを驚かせ伝えるためにやってきたけど、勇利が「LOVE」と勇利との生活で自分の人生を見つけて大満足。ヴィクトルは勇利をロシアに呼ぶ。マッカチンがいるので、おそらく一緒に住んでいると思われる。たまたま出るのが勇利が遅かったんだろうな。
ユリオも待っていてくれている。
「LOVE」と「LIFE」を手に入れ、英気も十分養い、人生も見つけ、次の世界選手権なども狙うヴィクトル。
そりゃ、いける伝説なんで、ロシアナショナルは簡単に優勝するだろうな。
ちなみに、全日本とロシアナショナルは日程が被っているので、勇利は日本で、ヴィクトルはロシアに残ってそのまま試合して、勝つだろうな。
マッカチンのことがあるので、試合おわったら、荷物まとめて、ロシアに送る。
マッカチンは勇利と一緒だろうなロシアは。
で、ユリオやミラとはリンクメイトとなる。
ヤコフコーチからも指導を受けたり、リリアからバレエを習ったりするんだろうな。
でも、ヤコフはロシアのスケート連盟に頼み込んでロシアナショナルに出場させるだろうな。妄想がとまらない。