読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車とゲームと寝坊

気ままに更新。自転車のこととか、ゲームの事とかつらつらと

人といると疲れる訳

日常

人間は良くできていると思う。
男女区別なく、人はとても良くできている。
とはいえ、多少なりとも難しい。
二年前、私は友達をつくることをやめた。
というか、なぜか友達が作れない。長く続かないのだ。
疎遠になるのはしょうがないよね。
長くても5年続いたら、すごい奇跡じゃないだろうか?
むしろ、私にも問題があるんじゃないろうか?あり過ぎるから問題。
ファンにこそなるが、それ以上は無理。
普通に会話はできるけど、それ以上は無理。
どうして決めつけるの?と思うだろうが、
看護学生時代に仲良くなった子も今は音沙汰なし。
予備校時代の友達とも音沙汰なし。
職場で仲良くなった子とも音沙汰なし。
現職場でも友達と呼べる人はいない。

一緒にご飯を食べに行く人も、休日に遊びに行く人もいない。
コミュ障害か?と思えば、職場では問題なく接して会話もできる。
もともと人との関係をどうやって作るか?というのは自然に学んでゆくものらしいけど、私にはそれがないかった。
昔から人と接するのが苦手。
幼稚園の時に仲良しだった子とは、学区が違う為に仲良くできずに、
新しい小学生の一年の時からうまく友達を作れなかった。
うまく打ち解けられない。
利用されてばかりだった。
「NO」と言えない為、ぼっちになるのがイヤで、嫌な子とも友達登校していた。
今考えると、バカまるだしだ。
小学生の時の友達の名前はもう覚えていな。
中学の時の友人だった人の名前も思い出せない。
高校の時は一人だけ。
看護学生の時は二人だけ覚えている。
社会人になってからは、二人だけ覚えている。
だから、高校時代の同窓会のお誘いハガキがきても、正直、顔と名前がわからない。

歴史の人物の名前と業績はおぼえられるけど、
物覚えわるんだろうか。。と思った時期があったが、もう過ぎた。
ようは「興味の対象外は忘れてしまう」という特性が私にあったということだ。
もちろん、好きになった人のもモヤがかかってしまって分からないし、
「●●先輩って、だれ・・・?ああ、バスケ部?陸上部?」
と当時は興味の対象だったが、今はそうじゃないから、余計な記憶は消えるという。
正直、自分のあの親の顔もモヤがかかってる。
ついでに姉の顔もモヤかかり、姪や甥にかぎっては、すでに顔がわからない。
憎しみだけが唯一のモヤを消さない効果があるらしい。
対象外の姪や甥などは顔がわからない。町ですれ違ってもわからない。
親に対しては、憎しみよりも、はやく消えて欲しいとしか願っていないようになった。
3年。
もう音信はない。
だから、今、何をしているのかとかも知らないし、今度スマホを変えるので、
二度と連絡はないと思う。唯一、家の電話だけが窓口になると思う。
それも変えようと思ってる。
家電話だと高いので、料金見直して・・管理会社にも「まずは仕事場に連絡してください。親は今入院中なので連絡がとれない。それと、親の名前をかたって連絡先を手に入れようとする人がいるので、私の仕事先にまずは連絡ください。携帯番号などを情報を手にれてることもあるので、まちがっても親ですから・・で個人情報を簡単に流さないでくださいね」
と。これで連絡先が親にいくことはない。

誰かを強制的に愛する人生はもうやめる。

好きになれないものは好きになれない。素直に認める。変えてもいいかな。

やっぱり最後はこれになるのかなー
友人も親も、好きになれないものは、好きになれない。
恋人も「好きになれないから、作らない」これに限るよ。