読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車とゲームと寝坊

気ままに更新。自転車のこととか、ゲームの事とかつらつらと

けっこうイイやつかも

黒い砂漠にはいろいろなNPCがいるのですが・・
個人的にはカンナさんや、この人、アルティノの倉庫版「デウェ」さんが好きだ。
話かけてくれるのでえすが、ちょっと口調がオネェ調

「心配ごともお預かりする倉庫番のデウェです」
「アタクシの種族はいつも歯軋りをしていなければなりませんー」とか
「あらいやだ。そんな目でみないでくださいませ」
とか
おいおい。そして趣味は園芸らしい。
有機肥料をほしがっていたので。
アルティノは種族が混沌としてまざってますので・・
野蛮族やらツルム族やらクルト族やらいろいろです。
カルフェオンよりは好きなので、アルティノのほうによることが多いですね。
エフェリア港はきれいだけどなー。

f:id:shinonome_77:20151106033623j:plainデウェさん。
意外とアルティノは混沌としてますが、人情味があるなーと思います。
野蛮族だって礼儀正しい人が多いし、このデウェさんもそうだしね。
「三日間の闇」でイレズラ。
まだたぶん、イレズラが関わっているとおもわれるのですが・・
この三日間の闇でメディア王家はバリューズ三世のみ。まだ子供。
ネルダ・シェンが先頭きって復興させてますがね。
王家が滅んだとはいえ、ネルダ・シェンは生き残りの王子を囲っている状態。
王家の捺印を王子から取り上げたけどね。
そのせいで王子はネルダ・シェンを信用はしてはいないようだ。
王家が滅べば、王子は不要なんだし、目障りと考えないのが商人。
利用価値でもあるんだろうか?バレンシアとの取引もするようだし・・まだそこまで話はやってないんだけどね。
ともあれ、来週には大きな砂漠が実装されるので・・
気になったのが、古代の隙間で読んだ「砂漠の塔に光がこもると、表と裏の世界が重なる」という記述がある。
つまり、何かしら別の世界ともつながるようだ・・古代文明の代物だしなー。
いろいろ本を読み漁っていくと、結構面白い。
その光があの「古代の光」なのかはわからないけどね

ギルドの人数も増えてきました。
・・・サブマスターに任命されてしまった・・・
・・・なんで?なにもしなんだけどなー・・
なんでも、新人さんにたいていてフォローなどもしっかりしていたりとか
あるんだって!よくわからんが、いいよーと答えておいた。
PVそろそろがんばらないとな。