自転車とゲームと寝坊

気ままに更新。自転車のこととか、ゲームの事とかつらつらと

それでも女というイキモノ【東京タラレバ娘・3】

はい、大好きな漫画タイムです。
東京タラレバ娘・3です。
三人のアラサーの話なのですが、これがまた面白いというか、私が実感できないというかね・・・「こうゆう考えもあるんだ」という新鮮さを感じさせてくれます。
三巻では、それぞれがいろいろな道に迷ってますね。
不倫をする女。都合のいい女。結婚願望がある女。
それでも彼女たちは必死にしがみついてます。
私にはなぜそこまで「しがみつくのか」が分かりませんが、彼女たちは見えない明日の為に、目の前にちらつく人参を掴み取ろうと必死ですね。

この感覚がわからない。
今は友人やめましたが、「30前までには結婚したい」という元・友人がいました。
「なぜに30前までなのか?」それが私には分からない。
確かに女には出産の時間制限がある。
体力的にも若いうちに産んだ方がいいのだろう。
たぶん。 

東京タラレバ娘(3) (KC KISS)

東京タラレバ娘(3) (KC KISS)

 

 

 私の姉は20代の半ばにデキ婚でしたし、二人目も20代で産んでいる。
母親も姉と同じ年に子供を産んでいる。
「子供がほしいーーー、大好きな彼の子が産みたい!!」というわけで計画妊娠じゃないわけなんだよね。
たまたま妊娠して、たまたま結婚した。
家族計画なぞ、無関係に妊娠したわけですよ。
それがたまたま20代半ばの年齢だった。
友人はなにに焦った居たんだろうか?
その結婚したい願望オンナはもう一人いたんだな。
婚活を必死にしていたが、モノにできなくて、いまだ独身のコがいる。
私も付き合いで参加してみたが、はっきりいって面白くない。彼女一人だと参加しずらかったのだろうから、誘われたのだ。
彼らは伴侶を求めて婚活していて、私はただの付添なので、目的が違う。
婚活友人たちは、必死になって相手を見ていたんだ。
元・友人は大手の婚活サイトに登録までしていた。
婚活友人は手軽なイベント登録していた。
私?登録なんぞしませんよ。だって、結婚意識ないし。
気の合う人がいれば、視野に考えますが、今の生活でべつに困ることもない。彼氏がいてもいなくても、変わることはないと思う。
このタラレバにでてくる女の子たちは、かっこいい大人の女性を夢見てるんだろうか?
仕事も家庭も100%の超人女を目指しているように思える。
目の前の料理をどうやってかっこよく食べようかとか、人から「完ペきな食事マナーね」と絶賛されるような食事をする事に夢中で、料理を見てないのと同じような気がする。
それがゲテモノなのかすらも分からずに。
見た目が悪くても美味しいものは美味しいし、綺麗に飾っているけど不味いものはまずい。マナーなんて関係ないじゃない?うまいかうまくないか?の二者択一しかないわけですよ。
賞味期限が元友人を含めてアラサーなわけだな。
確かに出産を考えればそうなるのは自然なわけです。男性だって、定年退職こえても扶養義務のある子供がいればたいていは困る。
このタラレバ本の女の子たちは、こういった賞味期限や女としての付加価値が恋人・結婚に集中しているのだろう。
「~だったら」「~していれば」など仮定・空想ばかりみていて、目の前を見てない。
10代の中ニ病をこじらせてもなお、性質が悪い。
夢をこじらせすぎている。
私はロマンティストじゃないので、夢はあまりみない。
夢がないといえばそうなんだろう。結婚に甘い夢は見ない。見れないだろう。
大手の婚活サイトに登録して、結婚したものの、望んだ結婚生活、望んだような妊娠。そして観的な子育て環境を得られなかった元友人は、徐々に壊れていった。
結婚前の口癖が「早く結婚して、子供産みたいんだー」
新婚時代「なんかさー、思っていたのと違う。旦那さんにも気を使うし。ストレスたまりまくりー」
出産後「こんなに体力使うとは思わなかったよ。旦那さんは研究で一カ月東京だし、子供は熱だすし、私は喘息引き起こしちゃって」
ここまではよかったが、ストーカーされているとか、ありもしない事を言い出したので、最初は育児疲れかなーと流していたが、〇〇のスーパーの店員がじっとこっちを監視していると、言ったときはさすがに引いた。
なんでも簡単に飛びつくのは楽だ。けど、その後の始末は自分でつけろ。
しがみついたものが「想像と違う」とわかって愚痴を言いたいのはわかる。けど、そうなることを想定するのも女の仕事だろう。
男性とちがい、女は計算する生き物だ。愛情があっても、妥協できないボーダーラインがある。
タラレバの女の子たちは、とびくつのも怖がっていたり、始末できない状態でどんどん袋小路に追い込まれてゆく。そのボーダーラインすらも忘れているようだ。
さて、どうする?
不倫の結末は捨てられる。
都合のいい女は、捨てられる。
仕事を辞めるために、結婚に走ろうとしている女は?

奥さんと別れてくれれば・・
今の彼女と別れてくれれば、
あの時に交際を断らなければ、

そんな都合のよい現実などないわけです。
それでも女は、夢をみたがるよねー。
私は、夢は見ない。王子様は迎えに来ないし、相手の人生の片棒を担ぎ、ましてや、子供という一人の人間を育て、社会に送り出せるほどの度胸もない。チキンだし。
自分のテリトリーの中で好きな事をしていたい。
それが、ゲームだったり、自転車だったりするわけです。